2014年12月21日 待降節第4主日クリスマス礼拝説教
  聖  書  マタイによる福音書2章1〜12節
  説教者  山岡 創

「 喜びにあふれて旅をする 」

 クリスマス、おめでとうございます。私たちの救い主イエス・キリストのお生まれを記念し、皆さんと共に喜び祝う礼拝を守ることができ、感謝致します。私は、クリスマスのシーズンになって、今日の聖書箇所を読む度に思います。“自分はこの一年、どんな旅をしてきたのだろうか”と。一年を振り返る思いになります。そして、“自分は、ここからまた一年、どんな旅をするのだろう”と新しい一年に心を向けるのです。
 日本人の慣習から言えば、それはお正月になるのでしょう。しかし、教会にとって、クリスチャンにとって、少なくとも私にとっては、一年の旅を終え、また新しい旅を始めるのは、このクリスマスです。どんな出来事が待っているのか、嬉しいこと楽しいことばかりではなく、愚痴ばかりこぼれる面倒や心を痛める出来事、先の見えない苦しみや悲しみと、ひとたびならず出会うかも知れない。けれども、“私”の心に宿るイエス・キリストに支えられて、赤毛のアンではありませんが、人生の曲がり角を曲がった向こうに、何があるか分からないけど、きっとすばらしい世界がある、と信じて、喜びにあふれて旅をしたいと願うのです。

 イエスがお生まれになった時、占星術の学者たちは、新しい「ユダヤ人の王」を求めて旅をしました。「イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった」(1節)と冒頭の1節に書かれています。一般的には、イエス・キリストは2014年前にお生まれになったと考えられています。なぜなら、今年はイエス・キリストがお生まれになってから2014年目だからです。西暦と訳される言葉は、ラテン語で“アンヌ・ドミネ”と言いますが、これは正確に訳せば“主の年”、主イエス・キリストがお生まれになった年という意味です。ちなみに、紀元前はビフォア・クライスト(Before Christ)、つまり“キリストより以前”を意味します。主イエス・キリストがお生まれになった年が、歴史を前と後に分けているのです。
 その時は、ヘロデ王がユダヤを治めている時代でした。そして、ヘロデ王の王宮があるエルサレムに、イエス・キリストを求めて、東の方から「占星術(せんせいじゅつ)の学者たち」(1節)がやって来て、新しい「ユダヤ人の王」の所在を尋ねたのです。
 学者たちはユダヤ人ではありませんでした。つまり、彼らはユダヤ人から見れば異邦人(いほうじん)でした。では、異邦人の彼らがどうして新しいユダヤ人の王など求めて、遥々(はるばる)やって来たのかと言えば、周りの国々にも旧約聖書の預言、救い主キリストが現れるという預言が伝わっていたからだと思われます。そして、学者たちは星を調べて、新しいユダヤ人の王、救い主キリストが生まれたことを知ったのです。そこで彼らは、キリストを拝むために旅してやって来たのですが、最初からベツレヘムのイエス・キリストの家を探し当てることができませんでした。そこで、ユダヤ人の王なのだから、当然、王宮に生まれたに違いないと考えて、お祝いを携(たずさ)え、ヘロデ王のもとにやって来たのです。ところが、それは彼らの思い込みであり、勘違いでした。新しい王、救い主は王宮には生まれていなかった。そのことを知らされたヘロデ王をはじめとする王宮の人々は、降って湧いたような突然の知らせに、お祝いどころか「不安を抱いた」(3節)というのです。なぜなら、現状維持を望んでいるからです。ヘロデ王も王宮の人々も現状の王座と権力と支配を手放したくはないのです。だから、ヘロデ王はその不安を取り除こうと企てます。学者たちを使い、新しい王、救い主の居場所を突き止めさせ、拝みに行く等と嘘をついて、殺そうと謀(はか)ったのです。王はユダヤ教の指導者である祭司長や律法学者たちを集め、「メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただし」(4節)ました。メシアというのはヘブライ語で、新しい王、救い主のことです。彼らは旧約聖書の預言の中から、たちどころに一つの箇所を示しました。それはミカ書5章1節でした。「ユダの地、ベツレヘムよ、お前はユダの指導者たちの中で決していちばん小さいものではない。お前から指導者が現れ、わたしの民イスラエルの牧者となるからである」(6節、ミカ書5章1節引用)。それを聞いたヘロデ王はもう一度、学者たちを、暗殺計画がばれないように秘かに呼び寄せ、生まれた場所はベツレヘムだと教えて、学者たちを送りだしました。何も知らない学者たちは王の言葉を聞いて、否、聖書の言葉を聞いて出かけます。すると、「東方で見た星」を再び見つけ、その星が「先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった」(9節)のを見て、ついに見つけたと喜びにあふれたのです。

 不思議なことがあります。祭司長や律法学者たちは、聞かれればすぐに答えられるほど聖書のことを知っているのです。新しい王、救い主の預言を知っているのです。しかも、彼らは神を信じている人々です。彼らだけではなく、エルサレムの人々は皆、神を信じるユダヤ人です。そして今、占星術の学者たちによって、新しい王、救い主が生まれたことを知らされたのです。それなのに、どうして彼らは探しに行かないのでしょうか?むしろ、彼らこそ喜んで救い主を探すはずの人々なのではないでしょうか?
それは、彼らが本気にしていないからです。学者たちの知らせを本気にしていない。そして、真剣に聖書を読んでいない。本気で聖書から神の言葉を聞いていない。神を信じていると言いながら、神の言葉ではなく現状と自分たちの願望を優先している。だから動かないのです。
他方、異邦人である学者たちは、旧約聖書の預言を伝え聞いていた。そして、自分たちのやり方で星を調べて、本気で救い主を求めて旅に出た。そして、聖書の御(み)言葉を示され、それを本気で聞いて進んだときに、救い主を探し当てることができたのです。
 聖書を真剣に読んでいるか。そして聖書から本気で神の言葉を聞き取っているか。神の言葉に従って生きているか。それが、救い主イエス・キリストを探し当てる“鍵”、喜びを見つける鍵です。けれども、その鍵を鍵穴に入れて回し、扉を開かなければ、その向こうにおられるイエス・キリストという救い、喜びと出会うことはできません。
 ユダヤ人はその鍵を持ちながら、扉を開かず、救い主イエス・キリストを探し当て、出会うことはできませんでした。このことは、現代に神を信じて生きている教会とクリスチャンに対しても注意を促していると言えるでしょう。“あなたは、本気で聖書を読んで、生きていますか?”私は、自分がそのように問われている気がします。
 クリスマス・シーズンを迎えて、世間もクリスマスを祝うムードが漂(ただよ)っています。それを傍(かたわら)で見ながら、私たちは“そんなのは本当のクリスマスじゃないよ。教会にこそ、自分たちのところにこそ、本当のクリスマスの祝いと喜びがある”と思っているかも知れません。しかし、それを言うならば、私たち自身が真剣に聖書を読み、本気で神の言葉に生きているかが問われます。この世と同じような価値観とその喜びではなく、神の言葉を通して、救い主キリストという喜びを胸に抱いているかが問われているのです。私たちは、いつの間にかぬるくなっている自分の信仰を、もう一度見直し、姿勢を新たにする必要があるかも知れません。
 異邦人である学者たちは、聖書の言葉によって救い主を探し当てました。ならば、現代のノン・クリスチャンである人々も、聖書を通して救い主と出会うことがあるかも知れません。2週前の礼拝説教で、私は、教会を訪ねて来た一人の男性のことをお話させていただきました。2〜3月前ぐらいだったでしょうか、ある日の夜、見知らぬ壮年の男性が教会においでになりました。2時間ほどでしたか、ロビーでお話を伺いました。ご親族、ご兄弟の関係が、心の通わない、本当に冷たいものになっていると、その方は悩みを話されました。そんな時、何かのきっかけで聖書を読み始めた。最初は何が書いてあるのか、さっぱり分からなかった。けれども、2年ほど、繰り返し聖書を読んでいくうちに、だんだん聖書が言おうとしていることが分かるようになってきた、聖書の教えは本当にすばらしい、と言われました。そして、聖書の色々な箇所を挙げて、ここにはこういうことが書かれているのではないか、イエス・キリストとはこういう方ではないか、愛するとはこういうことではないか、と私に話したり、尋ねたりされました。クリスチャンでも何でもありません。教会に通っているわけでもありません。失礼な言い方かも知れませんが、学問のある方とも思われない。けれども、ご自分の生活や人生体験と照らし合わせながら、驚くほど聖書が言おうとしていることをよくつかんでいるのです。この方は、聖書を通してキリストと出会っているのかも知れません。下手をすれば私たち以上に、聖書の喜びと出会っておられるのかも知れません。
 聖書って書かれていることが難しい。読んでもよく分からない。確かに、その通りだと思います。あの男性も最初はそうでした。読んでいても、さっぱり分からなかった。けれども、分らないなりに2年間、続けて読んでいるうちに、だんだん分かるようになっていったのです。大切な、すばらしいものを探し当てられるようになったのです。本家本元、信仰生活、教会生活をしている私たちに、それができないはずがりません。
 そして、占星術の学者たちが救い主を探し求めて旅をしたのが、奇しくも2年間です。“えーっ、初めて聞いた”という人も少なくないと思います。学者たちはイエス・キリストをお生まれになった後、それほど月日もかからずに、家畜小屋の飼い葉桶に寝かされている主イエスを探し当て、拝んだと思っている方がほとんどではないでしょうか。ところが、どうやらそうでもならしい。11節を読むと、幼子イエスは母マリアと一緒に「家」にいたというのです。家畜小屋、飼い葉桶ではなく、家です。これは、主イエスの家族が既にベツレヘムに住み始めていた、生まれてからかなりの時間が立っていたことを意味するのではないでしょうか。そして、この直後の箇所で、ヘロデ王が学者たちにだまされたと知って激怒し、ベツレヘムとその一帯の「二歳以下の男の子を、一人残らず殺させた」(16節)と書かれています。読むに堪えない内容ですが、話を今日の箇所に戻すと、つまり幼子イエスはほとんど2歳近くになっていた、ということだと思います。だから、占星術の学者たちが、星が現れてから、救い主イエス・キリストを探し求めて旅をした期間は、約2年だと考えられます。
 今、救いを求める求道の歩みをしておられる方々が2年間で、救いの喜びを探し当てられるかどうかはもちろん分かりません。けれども、救いを求めて本気で聖書を読み続けたら、必ず救い主イエス・キリストと、救いの喜びを探し当てることができるでしょう。否、そこが決してゴールではありません。そこはスタートです。学者たちが、喜びにあふれて、「別の道を通って自分たちの国へ帰って行った」(12節)ように、私たちも聖書を真剣に読み続けるのです。そして、神の御言葉と、イエス・キリストと、救いの喜びと、新たに出会い続けるのです。自分の宝を、自分の仕事道具を、神さまに献げ、お預けするほどの価値ある喜びと出会い続けるのです。

 今年の12月アドヴェントの歩みの中で、私が聖書の御言葉にもっとも感動したのは、創世記のノアの物語の冒頭6章でした。お造りになった人間たちが悪いことばかりするので、神さまは後悔され、洪水を起こして地上をリセットし、ノアを通して人間を再生しようとされます。そのとき、神さまはお造りになった天地そのものをぶち壊すことはなさいませんでした。私だったら、自分のつくったものがうまくいかなかったら、腹を立て、グシャグシャと丸めるか、叩き壊すかして、ごみ箱に捨てるでしょう。でも、神さまはそうはしない。捨てるのではなく、何とかして修復しようとするのです。ゼロにして、また新しく造ることもできたでしょうに、どうしてでしょうか。それは、大切だからです。一生懸命に造ったものだから捨てられない。愛が込められているのです。私は改めて、この世界を、私たちを、この“私”を愛してくださっている神さまの深い愛を知り、感動しました。
 その神さまが、最後の救いの手段として神の独り子イエス・キリストを愛をもってこの世に送ってくださいました。聖書の御言葉を通して、イエス・キリストと出会うとき、私たちは、クリスマスの最高のプレゼント、神の愛を魂にいただくのです。




   ウィンドウを閉じる